一戸建て住宅のメリットやデメリットを知ろう

一戸建てのタイプ

一戸建て住宅には、住宅の構造別にタイプが分れています。

一戸建ての構造には、大きく分けると木造、鉄骨造り、鉄筋コンクリート造の3タイプがあります。各構造の工法を見ると細かく細分化出来ます。主な構造の工法は、木造は在来軸組み立て法、2×4方法、木質パネル工法といったものがあります。鉄筋造りはプレハブ工法、重量鉄骨造などがあります。鉄筋コンクリート造で壁式構造、ラーメン構造、パネル工法などがあります。

マイホーム購入を考える人は、構造や工法にこだわることは少ないかもしれません。マイホーム購入、30年近い住宅ローンを組み立てますから、長期間に十分耐えることが出来る構造、工法を選ぶことが重要になってきます。一戸建ての場合は、マンションとは異なり、建築基準法の規制が緩くなっています。建物の安全性を気にする人は、工法の特徴を知ることも必要になります。

一戸建ては、維持管理については全て自分たちで計画して定期的に行う必要があります。これはつまり、ライフプランに維持管理費を組み込む必要性が出てくるわけです。このように、一戸建てというのは、自主的に何でも行わないと大事な資産を守っていくことが出来ない建物でもあるのです。